救急告示医療機関 医療法人鉄蕉会 亀田森の里病院

施設について

RADIATION
ROOM
放射線室

MRI亀田森の里病院のMRI撮影室

X線では写りにくい場所を
磁石の力で撮影します。

MRIとは、X線の代わりに強力な磁石と電波を使って画像を撮影する装置です。CTと同じく身体の断面を撮影することができますが、とくに膝の半月板のような軟骨や靱帯といった、X線では写りにくい部位にたいへん有効です。
また、造影剤を使用することなく頭部血管像等が撮影できることや、X線を使用しないので被ばくの心配がなく、身体への負担がほとんどありません。(検査に時間がかかることや検査中の騒音が負担になることがあります。)当院では検査部位や患者様の病状などから総合的に判断し、最善の結果が出るようにCTとMRIを使い分けて検査をしています。
また、撮影されたMRI画像はCT画像と同様に大阪・北野病院や国立がんセンターに送られ、放射線科専門医よって詳しく画像診断されます。

主な検査内容

検査時間は検査内容により異なりますが、約20分~30分かかります。
当院では頭部・脊椎・膝関節の検査が多く、腹部(骨盤腔)・手(関節)・足(関節)なども行います。
より詳しい検査情報を得るため造影剤を使用して検査をする場合があります。
造影剤:Gd(ガドミニウム)系製剤を静脈内に注射します

  • ・喘息やアレルギーのある方
  • ・以前に造影剤使用して異常があった方
  • ・重篤な肝機能および腎機能が悪い方

は造影剤が使用できませんので、担当医師に必ずお伝えください。

注意事項

MRIの検査は強い磁場に体を入れるので場合によっては検査を受けられないことがあります。
該当する方は医師または担当技師にお伝えください。(以下の方は受けられない場合があります。)

  • ・ペースメーカーのある方は検査出来ません
  • ・妊娠している方
  • ・手術等で体内に金属のある方(例:脳動脈クリップ)
  • ・閉所恐怖症の方
  • ・MRIでは身に着けている金属類は検査室には持ち込めません。
  • ・補聴器・義歯・金属のついた下着・時計・カード・カイロ・お化粧をしている方は検査前に外していただきます。

その他ご不明な点がございましたら、医師または担当技師にお気軽にお申しつけください。