救急告示医療機関 医療法人鉄蕉会 森の里病院

CASE肺がん

肺がんは日本人の死亡原因で最も多い病気です。
小さな肺がんの場合には、症状がないことが多いです。

肺がんの初期症状は?

風邪に似てるけど違うかも…
こういう症状はありませんか?

自分は健康だと思っているあなた!知らず知らずのうちにあなたの体内で、
今まさに『がん細胞』が猛烈なスピードで大きくなっている可能性はゼロではありません。
以下のチェックリストでまずは、セルフ診断を!!

肺がんは無症状の時期に発見しなければ、早期発見は難しいとされています。
Check 頻繁に咳が出る 咳と同時に発熱をおこす 血痰がでる 声がかれる だるい、疲れやすい、ほてる(熱い)食欲不振 だんだん痩せてきた
該当するものが1つでもあれば、病院で検査を受けましょう!

肺がんになってしまう原因は?

喫煙は肺がんの原因の2割!
残りの8割りはさまざまな要因がある

喫煙は肺がんの原因の20%

タバコは肺ガンの発生率を高めることは、有名な話ですが、喫煙者だけが肺がんの危険性を持っている訳ではありません。「危険遺伝子」というものが関わってくるという様にもいわれています。原因はさまざまで(※1)、誰にでも肺がんになる可能性はあるといえます。

(※1)アスベスト、コールタール、放射線、ディーゼル排ガス、石炭ストーブや不燃物の混ざった植物油から生じる煙、
ラドン等による室内環境汚染も原因と考えられている。

肺がんの発見が遅れると・・・?

40歳以降は、肺がんになる可能性が
増えるので毎年1回は検診を

肺がん5年生存率(治療開始から5年)

肺がんは早期発見、早期治療がもっとも効果的な治療です。右図のように進行度(ステージ)によって、生存率は変わります。肺がんはがんの中でも自覚症状がないため40歳代以上の方は、最低年1回は胸部のレントゲンなどがん検査を受けるべきです。肺がんの早期発見により、早期治療、からだのあちこちへの転移の予防が可能となり、生存率もずっと高まります。

該当するものが1つでもあれば、病院で検査を受けましょう!

先生からのアドバイス!

積極的に検査を受けて下さい!

喫煙者であればすぐに思い当たるかもしれませんが、「万が一肺がんだったら…」という恐怖心から、自主的に検査を受けに行かない人が大半です。 検査を受けなければ、肺がんを発見し治療にむすびつけることはできません。
タバコの本数が多い人や、少しでも違和感を覚えたら、積極的に診察を受けにきてください。

森の里病院 放射線技師

TEL/FAX
TEL
046-247-21219:00~17:00まで
FAX
046-247-1641
MAIL
contact@morinosato.com

ご質問やお問い合わせなど、お気軽にご相談下さい。