亀田森の里病院 胃がん
救急告示医療機関 医療法人鉄蕉会 亀田森の里病院

CASE胃がん

初期症状がわかりにくいのが胃がんの特徴です
『おかしいな』と思ったら、胃内視鏡検査をしましょう

胃がんの初期症状は?

胃がんは初期症状がわかりにくい病気です。

自分は健康だと思っているあなた!知らず知らずのうちにあなたの体内で、
今まさに『がん細胞』が猛烈なスピードで大きくなっている可能性はゼロではありません。
以下のチェックリストでまずは、セルフ診断を!!

チェックリストでまずは、セルフ診断を!!亀田森の里病院 内科医師 東先生
あなたに以下の症状はありますか?胃に不快感がある食欲があまりない 吐き気が続く 胸やけがある げっぷが頻繁に出る 黒色の便が出る 体重が減少し始める 貧血気味である
該当するものが1つでもあれば、病院で検査を受けましょう!

胃がんになってしまう原因は?

喫煙・食事・ストレス・40歳以上が
胃がんのリスクを高めます。

ピロリ菌 喫煙 塩分 ストレス

胃がんは複数のリスクが重なって発生すると考えられています。喫煙・食事・ストレス・ピロリ菌等がその代表です。タバコを吸う男性の胃がんリスクは、吸わない男性のおよそ2倍以上。塩分をとりすぎると、胃の粘膜がダメージを受け、発がん物質の影響を受けやすくなります。そして胃は、ストレスに反応し、影響を受けます。
またピロリ菌は、胃の粘膜に存在する細菌で、40歳以上の日本人の場合、7割ほどがピロリ菌感染者というデータもあります。ピロリ菌は胃に炎症を生じさせ胃がんのリスクを高めます。

もしかして胃がん予備軍?

早期発見が何よりの特効薬

胃がん5年生存率

胃がんは早期発見、早期治療がもっとも効果的な治療で、がんが完治する確率も高いです。 右図のように進行度(ステージ)によって、生存率は変わります。発見が遅れれば、遅れる程治る見込みは減少します。手術や化学療法もめざましく発展はしていますが、まずは病院で検査を受け、早期の発見につとめましょう。

40歳以上の方は特に注意してより良い生活を心掛けましょう!!

亀田森の里病院での胃内視鏡検査って?

清潔で痛くない内視鏡検査をいたします。

内視鏡室

POINT

経験豊富な医師が担当いたします

ベテランの医師が全ての検査を担当しますので安心です。

POINT

徹底した衛生管理

ガイドラインを準拠し、内視鏡検査一件ごとに手洗いと内視鏡洗浄機にて確実に消毒・洗浄をしています。

先生からのアドバイス!

手遅れになる前に胃カメラで早期発見!

最近、胃がんの死亡率が年々低下しているのは、胃カメラにより早期発見できるようになったからです。
静脈注射で鎮静剤を併用する方法も選択できますので、安心して検査を受けられます。

亀田森の里病院 内科医師 東先生

TEL/FAX
TEL
046-247-21219:00~17:00まで
FAX
046-247-1641
MAIL
contact@morinosato.com

ご質問やお問い合わせなど、お気軽にご相談下さい。